ポスター印刷の素材の種類について

“様々な告知や宣伝、広告といった広報活動、また連絡事項の掲示や案内など、ポスターを使用するシーンには非常に多様な種類の用途があります。
こうした様々な状況に使用するポスターは、それぞれの用途に合わせた最適な素材を使用することも大切なことです。
街頭や店舗のガラス面など、屋外に掲示する用途で使用するポスターは、雨風や太陽光による紫外線などによって印刷面が劣化しないよう耐候性や耐水性が高いものを使用する必要があります。
大抵のポスター印刷は紙媒体を使用していますが、こうした屋外用としては、合成紙やコート紙など、水などがかかっても劣化しないものが多く使用されます。
また、写真など、高精細な画像を使用する際には、その品質をより高めるために、通常のものより光沢の強いものや、厚みのあるものを使用することが多くなっています。
また、通常のポスター印刷からは少し外れますが、横断幕や懸垂幕、またのぼり旗やフラフ、タペストリーといった掲示物には、ポン地やトロマット、スエードなどといった布メディアの他、ターポリンなどのビニール素材が使用されています。これにより、さらに高い耐久性を持たせることができ、長期間にわたる告知や案内をする際に適しています。
これらの様々な素材への印刷は、ポスター印刷を取り扱う印刷会社で作成することが可能です。
それぞれの特性を生かした掲示物を製作できるほか、サイズや枚数なども様々な選択肢から選ぶことができるのが利点となっています。”

ポスター印刷の豆知識:車体に販促やロゴのポスターを貼りたい

ポスター印刷を行っている専門業者がありますが、多数の素材、そしていくつかの印刷方法を用意していることもあって、多くのシーンで活用することのできるポスター印刷を実現しているものがあります。例えば一般的なポスター印刷の場合では、艶ありの用紙を利用してプリントすることが行われることが多いものですが、車体に販促やロゴ用として宣伝目的などでポスターを製作することを希望している方にも対応できるものが用意されています。具体的にはマグネットシートを活用しているものも存在しています。車体の金属ボディ部分に貼り付けることができるものになり、表面には防水加工が施されていることも基本になります。また、カッティングシートを利用したスタイルを持ったものも現在では注目されています。カッティングシートの場合では、薄くて丈夫な素材が利用されることになり、インクジェットなどのプリンターで細部にまで綺麗な印刷を行うことが可能になります。屋外用としても十分に活用することができ、施工に関しては一定の技術を必要としているものになりますが、専門業者によっては製作から施工まで手掛けている場合もあるために、安心して利用することもできます。もっとも、DIYとして自主的に貼り付けることも不可能ではなく、霧吹きとスキージー、そしてドライヤーなどを用意することによって、綺麗に施工することもできます。車体用の場合では、熱や日焼けに強い素材を利用することも基本になります。

ポスター印刷の豆知識:垂れ幕や横断幕を印刷したい

“様々な案内や告知、また広告宣伝やPRなど、広い用途で用いられているポスターなどの掲示物ですが、最近は家庭用のプリンターなども高機能なものが多くなり、少量や簡単なポスター印刷程度であれば一般家庭でも行うことが可能です。
しかし、大量の印刷物や、大判のポスタ印刷を行うとなると、専門の印刷業者を利用する必要があります。
専門業者であればB1サイズやB0サイズなど、非常に大きなポスター印刷が可能で、また屋外などで使用するなら耐候性や耐水性の高いインクやメディアを使用するといったことも可能です。
こうした様々な掲示物の中には、垂れ幕や横断幕と呼ばれるものもあり、通常のポスター印刷とは比べ物にならないような大きな面積を持つ印刷物を作ることが可能です。
こうした垂れ幕や横断幕は、建物の外壁や工場などの手すりといった場所にも取り付けることが可能です。
使用するメディアは合成紙などのほか、キャラコなどの布製のメディアの他、ターポリンと呼ばれるビニール製のテント生地などにも印刷が可能です。
これらは耐候性や耐水性が高く、屋外の長期掲示にも適しているのが特徴です。
また、素材によっては、屋外の風の影響を受けにくいメッシュ構造になったものもあります。
こうした垂れ幕などの大判印刷は、ポスター印刷などを請け負う印刷会社で製作することが可能で、スミ文字はもちろんのこと、インクジェットプリンタを使用したフルカラー印刷や、写真などの精査な画像も印刷することが可能です。”